小児歯科での矯正治療や虫歯予防法、虫歯治療法、家族揃っての口腔ケアについて解説
                                          小児歯科倶楽部TOP 
小児歯科倶楽部    
 小児の虫歯治療や歯並びの管理、矯正歯科治療にについて、保護者(母親)からのミュータンス菌の感染によって子供の虫歯リスクの増大など
  子供たちの歯と口の健康と治療に関する疑問、悩みのお答えします
ホーム 小児の虫歯予防 小児矯正歯科 子供の歯ブラシ法 乳歯の知識 食育 妊娠と小児歯科 歯の構造 小児歯科Q&A

歯の構造
エナメル質
象牙質
歯髄

歯肉溝
歯肉

歯根膜

歯槽骨

セメント質

根管
歯の構造
下イラストの各名称部分をクリックすると右に説明が出ます。
歯髄 dental pulp
神経と呼ばれているところで、実際には神経と血管、リ
ンパ管などで作られています。
虫歯菌がここまで達すると、冷たいもの、熱いものに凍
みだします。
歯髄は象牙質に栄養を運んでいるので、も
し、神経を取ってしまえば、歯はもろくなり、歯の寿命
は短くなります。出来るだけ神経を取らない処置が必要
です。
最近では
3MIX-MP法という治療法で神経を取らなくても
すむケースが増えています。

 

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『小児歯科倶楽部』 All Rights Reserved