小児歯科での矯正治療や虫歯予防法、虫歯治療法、家族揃っての口腔ケアについて解説
                                          小児歯科倶楽部TOP 
小児歯科倶楽部    
 小児の虫歯治療や歯並びの管理、矯正歯科治療にについて、保護者(母親)からのミュータンス菌の感染によって子供の虫歯リスクの増大など
  子供たちの歯と口の健康と治療に関する疑問、悩みのお答えします
ホーム 小児の虫歯予防 小児矯正歯科 子供の歯ブラシ法 乳歯の知識 食育 妊娠と小児歯科 歯の構造 小児歯科Q&A

歯の構造
エナメル質
象牙質
歯髄

歯肉溝
歯肉

歯根膜

歯槽骨

セメント質

根管
歯の構造
下イラストの各名称部分をクリックすると右に説明が出ます。
セメント質 cementum
根の象牙質の周りにある20〜150μmと薄い組織
で、そこからシャーピー繊維という靭帯のようなもの
が伸びだし、歯槽骨の中に入り込んでいます。
歯の根は歯槽骨につるされている状態になっています。
セメント質は破壊されても再生することが出来る組織
です。

 

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『小児歯科倶楽部』 All Rights Reserved