小児歯科での矯正治療や虫歯予防法、虫歯治療法、家族揃っての口腔ケアについて解説
                                          小児歯科倶楽部TOP 
小児歯科倶楽部    
 小児の虫歯治療や歯並びの管理、矯正歯科治療にについて、保護者(母親)からのミュータンス菌の感染によって子供の虫歯リスクの増大など
  子供たちの歯と口の健康と治療に関する疑問、悩みのお答えします
ホーム 小児の虫歯予防 小児矯正歯科 子供の歯ブラシ法 乳歯の知識 食育 妊娠と小児歯科 歯の構造 小児歯科Q&A

小児の虫歯予防
小児歯科で子供の虫歯予防
シーラントで小児の虫歯予防処置
サホライドで小児の虫歯予防
小児の虫歯予防

小児歯科における子供の虫歯予防を科学する

小児の虫歯予防の原点は、母親にあると言ってもよいでしょう。生後10ヶ月〜31ヶ月の間に、虫歯菌であるミュータンス菌が母から小児へと感染していきます。その時の条件は、母親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、又、小児が ショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に、効率良く感染していきます。
問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシング位ではミュータンス菌を減らす事は出来ず、”一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない”というリスクを追うという事です。
反対に、上記の期間を無事に過ごす事が出来れば、サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。

唾液中のミュータンス菌の数を調べます。

ミュータンス菌だけを育てる培養液に、舌の上で回転させたストリップを入れ2日間培養します。
ミュータンス菌は、青色の群落(コロニー)として現れます。

小児歯科/ミュータンス菌の数
小児歯科/ミュータンス菌の数

子供に対する対策

■フッ素塗布(イオン導入法)

小児歯科/フッ素塗布(イオン導入器)
小児歯科/フッ素塗布(イオン導入器)
  フッ素を、電気的に歯の中に入れる方法です。

■シーラント

小児歯科/シーラント術前
小児歯科/シーラント術前
小児歯科/シーラント術後
小児歯科/シーラント術後
  虫歯になりやすい溝を、樹脂で潰してしまいます。

■キシリトールの使用

ガム、ホームジェル、ジェルコート

■咬合誘導法(歯列管理)

子供の歯(乳歯)を少し削ったり、あるいは隙間がつまらなくするなどして乳歯列の管理をする事で、永久歯の導出を適正にする事が出来ます。 簡単な装置を使う事もあります。

母親に対する対策

■PMCT・3DS法・キシリトール・フッ素の使用

フッ素を、電気的に歯の中に入れる方法です。

母親のミュータンス菌の量によって、子供に感染している割合。
小児歯科/母親のミュータンス菌の量によって、子供に感染している割合。

大量にミュータンス菌をもっている母親に対して食事指導・PMTC・フッ素塗布菌ブラシ指導等を実施し、虫菌の治療を行った場合の子供に感染する割合。
小児歯科/大量にミュータンス菌をもっている母親に対して食事指導・PMTC・フッ素塗布菌ブラシ指導等を実施し、虫菌の治療を行った場合の子供に感染する割合。
「いかに母親自身の口腔内の健康が子供にとって重要であるかか」が、わかります。

  ▲このページのトップへ

インプラント | 歯科医師 求人

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『小児歯科倶楽部』 All Rights Reserved