小児歯科での矯正治療や虫歯予防法、虫歯治療法、家族揃っての口腔ケアについて解説
                                          小児歯科倶楽部TOP 
小児歯科倶楽部    
 小児の虫歯治療や歯並びの管理、矯正歯科治療にについて、保護者(母親)からのミュータンス菌の感染によって子供の虫歯リスクの増大など
  子供たちの歯と口の健康と治療に関する疑問、悩みのお答えします
ホーム 小児の虫歯予防 小児矯正歯科 子供の歯ブラシ法 乳歯の知識 食育 妊娠と小児歯科 歯の構造 小児歯科Q&A

小児矯正歯科
子供の矯正歯科 咬合誘導
指しゃぶりは子供の歯並びに影響します
小児矯正歯科 咬合誘導

噛み合わせ治療の重要性 

小児歯科では、噛み合わせの異常を「不正咬合」といい、不正があると噛む機能がうまく働かないだけでなく、体や顔のゆがみの原因になる他、性格など心理面に影響があるため、治療の対象としています。治療を開始する時期は、その方の噛み合わせの状態によりますが、できるだけ早期にとりくんだほうが効率的に改善できる場合もあります。

乳歯の時期から開始

小児の歯並びの管理は、特に永久歯が生えそろう小学生までの間に適切な治療を受けると、良い噛み合わせと歯並びを育てることができます。不正があればできるだけ早い時期からそれを治し、将来の不正が予測できる場合はそれを抑制します。このように早めに予防的治療や調整をして永久歯を正しい噛み合わせにすることが、「咬合誘導」です。 小児歯科/咬合誘導イメージ
小児歯科/咬合誘導イメージ

「抜かない治療」も可能

指しゃぶりなど、癖やその他の不正を引き起こすと考えられる原因を取り除くことで、予想される不正が起きないようにします。永久歯に生え変わる成長期でアゴの骨がよく発達するこの時期ですので、大切な永久歯 を抜かずに歯並びを整えることも可能です。
また、不正をそのまま放っておいて将来本格的な矯正治療を受けるよりも、簡単な装置でしかも治療費用もお安く治すことができます。

小児歯科/咬合誘導できれいな歯並びに
小児歯科/咬合誘導できれいな歯並びに

 

墨田区 インプラント
江東区 インプラント
品川区 インプラント

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『小児歯科倶楽部』 All Rights Reserved