小児歯科での矯正治療や虫歯予防法、虫歯治療法、家族揃っての口腔ケアについて解説
                                          小児歯科倶楽部TOP 
小児歯科倶楽部    
 小児の虫歯治療や歯並びの管理、矯正歯科治療にについて、保護者(母親)からのミュータンス菌の感染によって子供の虫歯リスクの増大など
  子供たちの歯と口の健康と治療に関する疑問、悩みのお答えします
ホーム 小児の虫歯予防 小児矯正歯科 子供の歯ブラシ法 乳歯の知識 食育 妊娠と小児歯科 歯の構造 小児歯科Q&A

子供の歯ブラシ法
小児の年齢に即した歯磨き
小児の歯ブラシ方法1
小児の歯ブラシ方法2
小児の年齢にあった歯磨き法を実施しましょう

子ども(小児)の成長にあったしたお口のケア

○乳児期 赤ちゃんの舌には白っぽいカスが時々たまります。水やぬるま湯で湿らした布でカスを拭き取ってください。
○生後7〜8カ月の時期 生後7〜8カ月位になると、赤ちゃんにはもうかわいらしい前歯が生えてきます。やはり歯の汚れは布やガーゼなどで拭き取ってください。
○生後1年を過ぎたら 歯ブラシを使いはじめます。まず、お母さんが磨いてあげてください。
○3歳を過ぎたら そろそろ自分で磨き始めましょう。しかし当然まだ上手ではありません。お母さんも手伝い、歯磨きをした後はよくチェックしましょう。小児歯科でのチェックも必要になります。
○5歳を過ぎたら 5歳位になったら、毎食後(朝・昼・晩)「1日3回磨き」をさせましょう。お母さんは、仕上げ磨きで、磨き残しがないかよく見てあげてください。
○六歳臼歯が生えてくる頃 6歳位になると、強く大きい六歳臼歯が生えてきます。この六歳臼歯は食べカスもたまりやすく虫歯になりやすいので気をつけて磨くようにしましょう。

乳歯に合ったハミガキ方法で

小児に適したブラッシング方法は、横磨きです。ブラシを歯面に平行にし、少し力を入れて小刻みに動かします。あまり大きく早く磨くと歯垢が落ちにくいので気をつけましょう。歯茎に傷がつく心配もあります。
特に歯と歯茎の境目や奥の方の歯は念入りにし、子どもが吐き気を起こしたりしないよう歯磨き剤はつけない方がよいでしょう。歯ブラシは、小さめの方が効果的です。
小児歯科/乳歯に合った歯磨き法
小児歯科/乳歯に合った歯磨き法

 


中野区 インプラント
北区 インプラント
荒川区 インプラント
インプラント 大阪

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『小児歯科倶楽部』 All Rights Reserved