小児歯科での矯正治療や虫歯予防法、虫歯治療法、家族揃っての口腔ケアについて解説
                                          小児歯科倶楽部TOP 
小児歯科倶楽部    
 小児の虫歯治療や歯並びの管理、矯正歯科治療にについて、保護者(母親)からのミュータンス菌の感染によって子供の虫歯リスクの増大など
  子供たちの歯と口の健康と治療に関する疑問、悩みのお答えします
ホーム 小児の虫歯予防 小児矯正歯科 子供の歯ブラシ法 乳歯の知識 食育 妊娠と小児歯科 歯の構造 小児歯科Q&A

乳歯の知識
小児の乳歯は虫歯になりやすい
乳歯の名前と生える時期
乳歯の抜歯の必要な時は

六歳臼歯は最も大切な大人の歯
小児の乳歯は虫歯になりやすい

乳歯の特徴と虫歯の危険度

子供は大人に比べ虫歯になりやすいと言われますが、それにはいくつかの理由があります。

乳歯が虫歯になりやすい理由

・一人で上手に歯磨きができないため、プラークコントロールが不十分になります。
・乳歯は食べカスがたまりやすく、しかも子供の好む食べ物には粘着性があるため、虫歯菌が酸をさかんにつくりだしてしまいます。
・乳歯は永久歯に比べ、エナメル質も象牙質も半分の厚さしかありません。また再石灰化の力も弱いです。

小児歯科でできるだけ早く発見しましょう

乳歯は一度虫歯になると痛磨でないこともあって、あっというまに進行します。小児歯科を受診するころにはほとんどが、神経の近くまで進行しています。
仕上げ磨きをするときに、歯の表面が白っぽくなっていないか、黒くシミになっていないか、歯の溝が黄色くなっていないかなど観察してください。このような兆候は虫歯の始まりですから、この時点で受診されるとあまり削らず治療が簡単です。
小児歯科/乳歯は虫歯になりやすい
小児歯科/乳歯は虫歯になりやすい

虫歯は予防しましょう

・歯磨きを習慣にし、必ず仕上げ磨きをしてあげて、プラークをできるだけためないようにしましょう。
・おやつは砂糖を使わないものを選び、就寝前に食べたり飲んだりする癖をつけないようにします。
・必ず定期的に小児歯科を受診し、歯とお口のチェックを受けましょう。

 

千葉市 インプラント
市川市 インプラント

熊本 インプラント
北海道 インプラント
埼玉 インプラント

スポンサード リンク

Copyright (C) 2006 musiba.net 『小児歯科倶楽部』 All Rights Reserved